アスリートベースには様々なトレーニング機材が設置してあります。
中にはまだ日本ではアスリートベースにしかない機材もあります。

スポーツクラウドで集まった世界中のトレーニングから、あなたにぴったりのものをご提供いたします!

【アスリートスタンド、ウエイトベスト】

こちらの選手が着用しているのは20kgのウエイトベストです。

アスリートスタンドはディップやスタビライゼーションなどのトレーニングだけでなく、競技の中の様々な動きでのトレーニングが可能です。

14233147_1254640597913435_8156377219483530513_n

ウエイトベスト、アスリートスタンドを利用した
姿勢保持→脚部入れ替えのトレーニング

【ソフトプライオボックス】

こちらはソフトボックスです。

柔らかい素材でできているのでケガの心配なくジャンプトレーニングが可能です。
20inch
24inch
30inch
の高さが利用可能です。

 

 14212111_1254640587913436_66012451724626782_n

ウエイトベストを着用し、
負荷を上げたボックスジャンプ。

【ケトルベル、メディシンボール】

ケトルベルは8kg、メディシンボールは5kg。

マシーンではなく重さを使い、実戦に近い動きの

トレーニングを行なっていきます。

 ケトルベル

ケトルベルで体の使い方、連動や出力アップに繋げます。

【TRX】

不安定な状態で体幹が鍛えられるTRX。

普段は意識できない部分など細部のチェックを行います。

 TRX
【スピンバイク】

スピンバイクでバイクトレーニングが行えます。

タバタプロトコルやインターバルなどのトレーニングはもちろん。

リハビリ等にも応用しています。

自転車

スピンバイクもあるので、有酸素やリハビリ等も可能です。